注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

栗原はるみのなすレシピは常備菜にもおすすめ!

  • 2017年7月27日
  • 2018年2月22日
  • 和食
  • 71回
  • 0件

夏野菜の定番「なす」。この時期は食卓に上ることも多いのではないでしょうか?今回は大人気の栗原はるみさんのなすレシピをご紹介します。

油との相性がいいなすは揚げ浸しがおすすめ!また、なすにはポリフェノールが含まれているので体にとってもいいんですよ♪暑い夏を乗り切るためにも栄養満点の美味しい料理を食べましょう!

なすの揚げ浸しの作り方は?

揚げ浸しの作り方

豆板醤を加えて少しピリッとさせたタレはご飯だけでなくビールも進むのでおつまみにも最高!夏にぴったりの一品です。

【材料】4人分

  • なす 6本
  • 揚げ用油 適宜
  • 長ネギ(微塵切り) 大さじ3
  • にんにく(微塵切り) 小さじ2
  • しょうが(微塵切り) 小さじ2
  • 枝豆(お好みで)
    《A》
  • しょう油 大さじ5
  • みりん 大さじ5
  • 砂糖 大さじ1
  • 豆板醤 小さじ2
  • 酢 大さじ3

【作り方】

  1. なすのヘタを取って3cmの輪切りにしたら水にさらした後に水気を拭いてください。
  2. ボウルに《A》を入れて漬け汁を作っておきましょう。その後、なすが丁度浸るくらいのトレーに移します。
  3. 油を180℃に熱します。
  4. (1)のなすを揚げていきます。柔らかくなったら網にあげて油を切ってください。なすが熱いうちに(2)に浸していきましょう。
  5. 長ネギ、にんにく、しょうがも加えたら軽く混ぜ、荒熱が取れたら冷蔵庫に移します。

枝豆はお好みですが、あればぜひ加えてみてください。とっても美味しいですよ。(5)の段階で2~3日ほど日持ちしますので常備菜にも良いですね♪

冷やしなすのごまソースレシピ

冷やしなす レシピ

画像引用元:http://ruricafe.exblog.jp/tags/%E3%81%88%E3%81%B3/

煮浸しや焼きなすもいいですが、たまにはもっと簡単に電子レンジで蒸しなすなんていかがでしょうか?ごまソースをかければこっくりとした味わいの美味しい一皿の完成です。暑い日に火を使いたくないときにもいいですよ♪

【材料】4人分

  • なす 4本
  • みょうが 少々
  • 大葉 少々
    《A》
  • 白練りごま 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2~2杯半
  • しょう油 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • 酢 大さじ1
  • すりごま(白) 大さじ3~4

【作り方】

  1. なすのヘタを切ったら縦半分にし、水に3分ほど浸してから水気を切ります。
  2. 耐熱皿にクッキングペーパーを敷いたらなすを並べてラップをして電子レンジで4~5分加熱します。(600w)
  3. 加熱後はそのまましばらく置いて蒸らしていきます。
  4. 軽く荒熱が取れたら半分に切って薄く切りましょう。切った後は水気をクッキングペーパーで軽く取ってから冷蔵庫で冷やしましょう。
  5. みょうがは小口切りに、大葉は千切りにします。
  6. 小さめのボウルに《A》を順番に入れて混ぜればごまソースの完成です。
  7. 冷えたなすを器に盛り、ごまソースをかけ薬味を乗せれば完成です。

なすは電子レンジにお任せ!ごまソースも混ぜるだけでOK!忙しい時や暑い時にもぴったりです。お好みでラー油をちょい足してもまた違った美味しさが楽しめますよ!ちょっと一品欲しい時にも重宝する簡単おすすめレシピです。

また、ごまソースはバンバンジーや冷やし中華にも使えるので多めに作っておくと便利です。夏休みの食事メニューの強い味方になりますね!

栗原はるみ なす料理

なす料理が多く食卓に上る時期ですが、栗原はるみさんのレシピを参考にレパートリーが増えると飽きずに食べることが出来ますね。

今まで栄養がない!なんて言われていたなすですが、抗酸化作用の高いポリフェノールが含まれているので美肌や病気予防になります。暑い夏を健康に乗り切りましょう♪