本ページはプロモーションが含まれています

【栗原はるみ】白菜餃子のレシピや作り方について

https://twitter.com/92NqmgXBf8snK32/status/1611316884779175941?s=20

栗原はるみさんの白菜餃子は、ジューシーで風味豊かな一品です。彼女の独自のレシピと技巧を活かし、白菜の甘みと具材の絶妙なバランスが魅力です。

皮はもちもちとした食感で、中に詰まった具は肉の旨味と野菜の爽やかさが調和しています。

焼き目がついたカリッとした食感も楽しめますので、ぜひ栗原はるみさんのレシピで、家庭で手作りする楽しさを体験してみてくださいね。

目次

栗原はるみさんの白菜餃子について

栗原はるみさんの白菜餃子は、ジューシーで風味豊かな特徴があります。白菜の甘みと具材のバランスが絶妙で、もちもちとした皮と肉の旨味が調和しています。

また、ヘルシーな白菜を使用しており、栄養価も豊富です。

手作りの温かさと食べる喜びを感じる一品で、栗原はるみさんならではの味わいを楽しめますよ。

必要な調理器具:包丁、まな板、ボウル、フライパン、フライ返し

調理時間:90分

白菜餃子の材料

(25個分)

  • 白菜 400g
  • 塩 小さじ1/2
  • 豚ひき肉 150g
  • にんにく・しょうが(香味じょうゆに使用したもの) 各適量
  • スープ(顆粒鶏がらスープ小さじ1を湯大さじ1で溶いて冷ましたもの)
  • ごま油 小さじ1/2
  • 塩・こしょう 各少々
  • ギョウザの皮 1袋(25枚)
  • 湯 1/2カップ
  • サラダ油・ごま油 各適量
  • 黒酢または酢、すだちなど・しょうがのせん切り 各適宜
  • ラー油・香味じょうゆまたはしょうゆ・豆板醤 各適宜
  • [香味じょうゆ](作りやすい分量)
  • しゅうゆ 1カップ
  • にんにく 2~3片分
  • しょうが 小1片分

白菜餃子の作り方

1.香味じょうゆを作るために、にんにくとしょうがを皮をむいて薄切りにし、しょうゆに加えて冷蔵庫で半日ほど寝かせます。1~2日経つと味がよくなじむので、保存は冷蔵庫で行いましょう。

2.白菜ぎょうざの準備です。白菜をみじん切りにしてボウルに入れ、塩をよくまぶします。10分ほど置いてしんなりしたら、水気をしっかり絞りましょう。

3.香味じょうゆからにんにくとしょうがを取り出し、みじん切りにして、それぞれ小さじ2くらい用意します。

4.ボウルにひき肉を入れ、スープとごま油を加えてよく練り混ぜます。

5.[4]に[2]の白菜を加えて混ぜ、[3]のにんにくとしょうがを加えてさらによく混ぜ、塩とこしょうを加えます。ラップをして冷蔵庫で20~30分ほど寝かせます。

6.ギョウザの皮に[5]を等分してのせ、縁に少々の水をつけながらひだを寄せながら閉じます。

7.フライパンに少々のサラダ油を熱し、半量のギョウザを入れて少し焼きます。フライパンの縁から湯の半分量を加え、蓋をして弱火で蒸し焼きにします。

8.水分がほとんどなくなったら、ごま油を適量回しかけて表面がカリッとするまで焼きます。残りの半量も同様に焼いてください。好みで皮の両面を焼くのもおいしいです。

9.盛り付けた器に熱いうちに好みのたれにつけていただきます。たれはしょうがのせん切りの黒酢かけ、ラー油酢しょうゆ、すだちと香味じょうゆ、豆板醤としょうゆなど、好みで組み合わせてお楽しみください。

参照:栗原はるみさんの白菜餃子レシピ

栗原はるみさんの白菜餃子の口コミ

https://twitter.com/tyndi811/status/1460594601853476865?s=20

『白菜餃子』絶品、簡単、人気1位のおすすめレシピ

クラシルの『白菜餃子』で人気1位のレシピを紹介

白菜餃子の材料

(4人前)

  • 豚バラ肉 (薄切り) 300g
  • 白菜 400g
  • 餃子の皮 21枚
  • 水 50ml

ソース:

  • カットトマト缶 400g
  • コンソメ顆粒 大さじ1
  • ウスターソース 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 塩 ひとつまみ
  • 白こしょう ひとつまみ
  • ピザ用チーズ 50g
  • パセリ (生) 適量

白菜餃子の作り方

準備:パセリを刻んでおきます。

1.白菜の芯を切り落とし、ざく切りにします。

2.豚バラ肉を半分に切ります。

3.ボウルにソースの材料を入れ、よく混ぜ合わせます。

4.フライパンに水を入れ、1、2、餃子の皮の順に重ねます。同様に2回繰り返し、3をかけます。中火にかけ、沸騰してきたら蓋をし、弱火で約15分加熱します。

5.豚バラ肉が火が通り、味がなじんだらピザ用チーズをかけます。再度蓋をして火を止め、余熱でチーズが溶けるまで約3分おきます。

6.パセリを散らし、食べやすく取り分けたら完成です。

参照URL:クラシルの白菜餃子人気1位レシピ

白菜餃子を作るコツや注意点について

豚バラ肉は豚肩ロース肉でも代用できます。調味料の加減はお好みで調整してください。フライパンは直径26cmのものを使用しています。

焦げやすいので、加熱時間は目安であり、必要に応じて加熱時間や火加減を調整してください。

白菜餃子はこういう人にオススメ

白菜餃子は、ヘルシーながらも満足感のある料理を求める人にオススメです。また、手作りの餃子は、家族や友人と一緒に楽しむパーティーや食事会にもピッタリです。

調理過程もシンプルで、初心者の方でも簡単に作れるレシピで、アレンジ次第でさまざまなソースや調味料を組み合わせることができ、個々の好みに合わせて楽しめます。

健康志向の方やベジタリアンの方にもおすすめですよ。

栗原はるみさんのレシピ本

栗原はるみさんのレシピ本を紹介します。

栗原はるみさんの調理器具

栗原はるみさんの人気調理器具を紹介します。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる