本ページはプロモーションが含まれています

【栗原はるみ】茗荷(みょうが)の甘酢漬けのレシピや作り方

栗原はるみさんのれんこんとみょうがの甘酢漬けは、さっぱりとした味わいが特徴の漬け物です。

れんこんとみょうがの食感が楽しめる一品で、甘酢の風味が絶妙にマッチし、れんこんのシャキシャキ感とみょうがの爽やかな香りが引き立ち、食欲をそそります。

簡単な調理工程で作れるので、初心者でも挑戦しやすいレシピで、食材の旨みを引き出しながら、ヘルシーな漬け物を楽しむことができます。

夏の食卓に彩りを添える一品として、ぜひお試しくださいね。

目次

栗原はるみさんのれんこんとみょうがの甘酢漬けについて

栗原はるみさんのれんこんとみょうがの甘酢漬けは、さっぱりとした味わいとヘルシーさが特徴です。

れんこんのシャキシャキとした食感とみょうがの爽やかな風味が絶妙に調和し、甘酢がほどよいアクセントを加えます。

簡単な調理工程で作れるので手軽に楽しめます。

さまざまな料理に合わせて楽しむことができ、夏の食卓を彩るおすすめの漬け物ですよ。

必要な調理器具:鍋、包丁、まな板、皮むき器、ボウル

調理時間:25分

れんこんとみょうがの甘酢漬けの材料

  • れんこん…2節(400g)
  • みょうが…3本

[合わせ酢]

  • 酢…1カップ
  • 砂糖…大さじ3
  • 塩…小さじ3/4~1
  • 赤とうがらし(種を除いたもの)…1本

れんこんとみょうがの甘酢漬けの作り方

1.ボウルで調味料を混ぜ、砂糖と塩が溶けるまでよくかき混ぜて合わせ酢を作ります。

2.れんこんを皮をむいて薄い輪切りまたは半月切りにします。

3.鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したられんこんを加えます。ひと煮立ちしたら迅速にざるに上げて水気をしっかりときり、熱いうちに合わせ酢に漬け込みます。赤とうがらしを加えて味をなじませ、冷蔵庫で冷やします。

4.みょうがは3~4mmの厚さで斜め切りにし、食べる直前に合わせ酢の中に加え、器に盛り付けます。

参照:栗原はるみさんのれんこんとみょうがの甘酢漬けレシピ

栗原はるみさんのれんこんとみょうがの甘酢漬けの口コミ

https://twitter.com/kumawosan/status/621241146082111488?s=20
https://twitter.com/mebayumama29623/status/1189038160015048705?s=20
https://twitter.com/akayoroshi_5/status/1350935502992642048?s=20

『れんこんとみょうがの甘酢漬け』絶品、簡単、人気1位のおすすめレシピ

クラシルの『れんこんとみょうがの甘酢漬け』で人気1位のレシピを紹介

れんこんとみょうがの甘酢漬けの材料

(12個分)

  • ミョウガ (12個)…200g
  • お湯…適量
  • (A)酢…200ml
  • (A)砂糖…50g
  • (A)塩…小さじ1

れんこんとみょうがの甘酢漬けの作り方

1.ミョウガを根元を5mmほど切り落とし、縦半分に切ります。

2. 鍋にお湯を沸かし、1を10〜20秒ほどゆで、ザルに上げます。

3.ポリ袋に調味料(A)を入れてよく混ぜ合わせ、2を加えて冷蔵庫で半日ほど漬けます。味がなじんだら器に盛り付けて完成です。

参照URL:クラシルのれんこんとみょうがの甘酢漬け人気1位レシピ

れんこんとみょうがの甘酢漬けを作るコツや注意点について

調味料の加減は、お好みで調整してください。

ポリ袋の代わりにジップ付き保存袋や保存容器でも作れます。

れんこんとみょうがの甘酢漬けはこういう人にオススメ

れんこんとみょうがの甘酢漬けは、さっぱりとした味わいが特徴で、爽やかな食べ物を好む人におすすめです。

れんこんの食感とみょうがの爽やかな風味が絶妙にマッチし、甘酢の酸味がアクセントとなります。

また、手軽に作れる漬け物であり、保存もしやすいので常備しておくと便利な上、さまざまな料理に添えたり、おつまみやサラダの一品として楽しむことができます。

爽やかでヘルシーな漬け物を楽しみたい方におすすめの一品ですよ。

栗原はるみさんのレシピ本

栗原はるみさんのレシピ本を紹介します。

栗原はるみさんの調理器具

栗原はるみさんの人気調理器具を紹介します。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる