本ページはプロモーションが含まれています

【栗原はるみさん】ゴーヤを使ったレシピや作り方について

「栗原はるみゴーヤーの甘酢漬けレシピ」は、栗原はるみさんが提案する、健康的でおいしいゴーヤーの甘酢漬けの作り方です。

ゴーヤーはビタミンやミネラルが豊富で、デトックス効果や血糖値のコントロールにも役立つ食材です。このレシピでは、栗原さんが独自の味付けと工夫を凝らし、さっぱりとした甘酢漬けに仕上げています。

この記事では、栗原はるみさんのアドバイスをもとに、ゴーヤーの選び方から漬け方まで詳しく解説します。
健康とおいしさを兼ね備えた「栗原はるみゴーヤーの甘酢漬け」の世界へ、一緒に飛び込んでみましょう!

目次

栗原はるみさんの【ゴーヤレシピ】について

パリパリした触感が新鮮でゴーヤと千切りのショウガを甘酢漬けにしたものです。
パリパリした食感が新鮮でゴーヤの栄養成分を丸ごと摂取することもできるとても健康により料理です。

必要な調理器具:包丁、ボウルなど
調理時間:10分

【ゴーヤレシピ】の材料

ゴーヤー (大)2本(600g)

【甘酢】*つくりやすい分
酢カップ1
砂糖80g
塩少々
しょうが (せん切り)1かけ分
白ごま大さじ2
塩少々

【ゴーヤレシピ】の作り方

  • ゴーヤを縦半分に切り、スプーンで種とワタを取り除きます。
  • ゴーヤを2〜3mmの厚さに切り、ボウルに入れます。
  • ゴーヤ全体に塩小さじ1と1/2〜2をふり、5〜10分間おいてしんなりさせます。
  • 塩をまぶしたゴーヤをさらしや布巾で包み、水分をしっかり絞ります。
  • 別のボウルに酢と砂糖を入れ、よく混ぜて砂糖を溶かします。必要に応じて塩を加えます。
  • 刻んだゴーヤを甘酢に加えて混ぜ合わせます。
  • 器に盛り付けてしょうがをのせ、白ごまを散らします。
  • ポイント: 同じ味に飽きたら、練りごまを加えてごま酢にしても美味しいです。

栗原はるみさんの【ゴーヤレシピ】の口コミ

『ゴーヤレシピ』絶品、簡単、人気1位のおすすめレシピ

クラシルの『ゴーヤレシピ』で人気1位のレシピを紹介

【ゴーヤレシピ】の材料

材料(2人前)
ゴーヤ (1/2本)100g
(A)塩小さじ1/2
(A)砂糖小さじ2
お湯 (ゆで用)適量
冷水 (さらす用)適量
ツナ油漬け (正味量・1缶)50g
(B)ごま油大さじ1
(B)ポン酢大さじ1
(B)かつお節3g
(B)白いりごま大さじ1/2

【ゴーヤレシピ】の作り方

  1. ゴーヤをヘタを切り落とし、スプーンを使ってわたを取り除き、薄くスライスします。
  2. ボウルにゴーヤのスライスと(A)を入れて、よく混ぜ合わせます。そこに水分を絞り出します。
  3. 鍋にお湯を沸騰させ、ゴーヤを入れて約10秒間茹でます。茹でた後、お湯を切ります。ゴーヤを冷水で洗い、冷まして余分な水分を切ります。
  4. 別のボウルに3で冷ましたゴーヤ、ツナ油漬け、(B)を入れて和えます。全体に味が均等になじんだら、器に盛り付けて完成です。

参照URL:
https://www.kurashiru.com/recipes/9ee73017-4b60-48aa-a048-770e32a1623f?source=yahoo&search_index=1&bucket=control&no_one_badged=true

【ゴーヤレシピ】を作るコツや注意点について

調味料の分量は、個人の好みに合わせて調整してください。
また、ツナ油漬けの代わりにツナ水煮を使用しても同様においしく作ることができます。

【ゴーヤレシピ】はこういう人にオススメ

ゴーヤレシピは、ヘルシーな食事を好む方や野菜料理を楽しみたい方におすすめです。

ゴーヤの苦みとツナなどの旨味が絶妙に調和し、さっぱりとした味わいが特徴です。調味料の加減やツナの代用も自由に調整できます。手軽に作れる一品で、夏の食卓や健康志向の方にピッタリです。

タサン志麻さんの人気レシピ本

タサン志麻さんの人気レシピ本を紹介します。

created by Rinker
¥1,430 (2024/03/02 21:39:44時点 楽天市場調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる